詳しく知らなかった!2年に1度の車検イロイロ

車検の始まり。かかる税金。

自動車検査登録制度。そう、車検です。自動車を所有しておられる方なら誰もが受けなければならないものです。その始まりは、1930年にタクシーやバスの安全性確保を目的に制度化されました。1951年には義務化され、1973年に軽自動車にも適用されました。自家用軽乗用車なら、初回は3年後、それ以降は2年ごとにありますね。その際に、重量税という税金も払います。自動車の重量に応じて税額が決まります。ちなみに1年ごとに払わなければならない自動車税は排気量に応じて税額が決まります。重量税は国税で、自動車税は都道府県税です。

ディーラー車検って?

車検の方法は様々ですが、多くの方が利用しているのがディーラー車検です。費用が相場よりも高いと言われているため、敬遠される事もありますが、その分信頼が出来る整備とサービスを受けられます。新車を購入したディーラーならば点検歴や整備歴のデータも残るので安心感もあります。交換が必要なパーツがある場合には、メーカーの純正品を使うのでトラブルがあった際にも対応がしやすくなります。年式の古い車種や、ハイブリッド車は整備が難しい事がありますが、ディーラーでは問題なく車検を受けられると思います。

その他の方法!ユーザー車検?

その他には、カー洋品店車検、ガソリンスタンド車検、民間工場車検、ユーザー車検などがあります。ユーザー車検以外はディーラーと同じで代行して整備してもらうのですが、ディーラーよりも安い事が多いので人気があります。ユーザー車検の場合は、自らが運輸支局等に持ち込んで検査を受けるのでかなり安く費用を抑える事が出来ます。ただ、整備がつかないので不安もありますよね。車検は2年に1度ですので、ユーザー車検、ディーラー車検と交互に受けるのもいいかもしれません。車検以外に定期的にメンテナンスを受けていて、消耗品の交換をしていたら車検の度にディーラーに出さずユーザー車検で通して費用を抑えるのもいいと思います。

車に詳しくないという方はどこで車検を行うのかすら分から無いという方も多いかと思います。実施場所は多岐に渡っており、カーディーラー、整備工場、更にはガソリンスタンドなどでも行われています。